【過程の発信】三重県四日市市の野菜農家が他力本願から感じたこと

みなさん、こんばんは。

三重県四日市市の中で今や1番ホットな場所じゃないかと思う上海老町という街で野菜農家をしていますナスケンと申します。

↑写真左手に持っている野菜は「ミニチンゲンサイ」という野菜。

1つ丸々調理できるためインスタ映えするんじゃないかと思って今年初めて栽培してみました。

あ!左側に見えるヒゲ面の男性がナスケンです。笑

→ナスケンの日々の発信がご覧いただけるTwitterはこちらから 

マルホコマツナ収穫祭を行います

2018年12月30日(日)に僕が今現在小松菜を栽培しているビニールハウス内で「収穫を手伝ってもらう」というなんとも他力本願なイベントを行います。

Facebookにイベントページが立ち上げてあります。もしよかったらご覧くださいね!

マルホコマツナ の収穫を手伝って下さい!←イベントページはこちら

クリスマス以降25日から年末31日までは一番のかきいれどき!

それは野菜に限らず、いろんな商品がいわゆる「年末価格」になる週間ですよね。

かきいれどき、とは言い換えたら「もっとも売れる日」なのでしょうかね。

僕もこの時期に照準を合わせて11月上旬に小松菜の種まきを行いまして、無事収穫を迎えようとしています。

が!!!

誤算が1つ!

とてもじゃないけど僕、僕の妻、僕の両親、僕の弟の計4人では到底収穫出来ない量の小松菜の種まきをしてしまったのです…(アホか自分)

ビニールハウスを4つに区分けして種まきの時期をずらして行いました。

こうすることで段階的に生育して家族5人でもどうにか収穫や袋詰めをこなせていける!と考えたからです。

ですが甘かった…

これが昨年(2017年)の出来事。

その経験を踏まえて2018年はやるぞ!!と決意して挑みました。

…2017年の2倍の種をまく、という無謀とも言えることに…

↑こんな写真を作って。

母親には「こんなに種まいて、収穫どうするんや!」と散々文句を言われました。笑

一年半前の僕なら「ハウスに第三者が入ること」なんて絶対に許せなかったし、まずもってそんなことはしませんでした。

し、「誰かに助けてもらう」なんてことは恥ずかしくて絶対に言えませんでした。

自分で種まきをしたなら自分で責任持って最後まで収穫する!と。

そうやって親から教えられてきましたから…だから僕が「収穫をイベントにする」って言った時は、それはそれは呆れかえっていましたね…(笑)

助けて下さいと言える関係

「お金かして下さい!」

とかじゃないんです。

親からの教えや凝り固まったプライドが邪魔して、

「手伝ってください!助けてください。」

なんて言えませんでした…。

けど、不思議とね一年前から「挑戦する過程」「取り組みの過程」など「過程に想いをのせて」発信することを意識してやっていたら…

本当にヤバい!しんどいぞ!って時に「助けて下さい!」って言えるようになったんです。

2017年は他力本願で始めたこのイベントも、2018年は収穫以外にも直売や、コーヒーふるまい⁈などの取り組みもする予定です。

「こんなことやりたいなぁ〜」っていう段階から発信をしていくと少なからず興味を持ってくださる方が見えます。

巻き込まれに来てくれる、とでも言うのでしょうか。

僕も友人が企画するイベントに参加したことが何度かあるんですが、やっぱり企画の段階で知って巻き込まれていくと楽しくて楽しみで仕方ないんですよね。

小学校時代、遠足に行く前日に用意を済ませて、お菓子も事前に買って用意して、翌日はりきって出発!で、買ったお菓子は冷蔵庫の中に忘れちゃう。

みたいな感じで当日までの準備などのワクワクがたまらなく楽しいんですよね。

きっと僕が主催したイベントに限らず、企画や準備段階、なんなら日常のSNSでの発信からワクワクを感じれる人のところには自然と人が寄って行っていると思います。

「助けて下さいと言える関係」は「助け合える関係」でもあるのかもしれませんよね。

勢いそのままに

起きている時はもちろん、寝ている時もずーっと意識を持ったままでいる感覚があります。

「悔しいことがあったけど、寝たら忘れた」みたいなことは一切ありません(笑)

悔しいことは悔しいし、嬉しいことにはいつまでもその余韻に浸っていたい。

そのくせ自分は打たれ弱い(最悪やんかw)。

けど、この1年間、自分の可能性を信じてやってきたし(過去は自分なんて出来っこない、と考えていた)、その考えはこれからもずっと持っていきたい。

全ての感情を持って仮にも勢いを失ったとしても、それでも前のめりに倒れていってやる(笑)

…来年はもっと緻密に計算できるようにしたいな。笑

今日はこんなブログでした。

イベント前日は気持ち的にポジティブ思考とネガティブ思考が入り乱れる僕です。

けど、どうぞ参加される方はもちろん、見守っていただける方もどうぞ明日はよろしくお願いします。

↑今がまさに「旬」を迎えた小松菜たち。みなさんとの出逢いを今かと待ちわびている様子です(小松菜との通訳:ナスケン)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする