【三重県 四日市市】野菜農家が好きな野菜と画家を掛け合わして感じた想い

みなさん、こんにちはー。

180センチ90キロのプロ野球選手並みの体格だけども足が遅くて弱肩の野菜農家、堀田健一ことナスケンと申します。

農家×画家=農画家のはじまり…

早速なんですが、こちらを見て下さい。

昨年10月より始めたTwitter。

そこでアイコン画像なるものがあるんですが、自らの写真を載せたり、好きなアーティスト、キャラクターなどの画像を載せたりする方がほとんど。

そんな中で僕はもともと絵を描くのが好きだったのでその頃にゲットしたiPad使って落書き感覚でイラストを描き始めたんです。(上手い下手は関係無い!)

初めて描いたのが上の画像。

写真と手描きを組み合わせる事により唯一無二のものがいつでも作れちゃうんです。

僕の生業は「農家」。そして好きなイラストを描く「画家」。この2つを組み合わせて「農画家」が誕生したんです。

肩書きを名乗ることの大切さ

「好き」そして「嫌い(苦手)」をカタチにしていくことって凄く大切だな、と日々実感・痛感しています。

僕の周りにいる人は好きや嫌い、苦手な事を日々発信していて、やっぱりイキイキとしています。

もちろんいい事ばかりじゃなく「悩んでいる」内容の発信もありますし、「嫌いな人、もの」を発信している人もいます。

そんな人の元には同じ考えや思いを持った人が集まっています。

そこで新たなコミュニケーションが生まれていく、そんな動きが周りでたくさん起きています。

僕は描くことが好き

今思えば幼少期より「描く」事は嫌いじゃありませんでした。

ですが、「好き」と言うほどまでの感情はなくて、頭に浮かんだら鼻歌混じりで描いている、そんな感覚でした。

まぁ、これって完全に素になって描いているようなものでおそらくこういう感覚を「好き」というのかもしれませんが(笑)

ただ31年生きてきてTwitterを始めてからこの感覚がより確実に確信を持てる感覚になってきていることに気づいたのです(っておっそw)。

あ!僕は誰かに習った訳でも聞いた訳でもなくて日々の学びの中から自分で「こうした方がいいかな?」「このデザイン素敵だからマネてみよう」といった感じです。

だから枠にはまることなく好き勝手やっているのでかなりクセが強いと思います(笑)

そんな僕が描いたイラストは…

↑友人が「ふるまいコーヒー」をするにあたってそのポップを好き勝手書いたり。

↑なんかよく分からないけど、頭に浮かんだり、ペンを持つと浮かんでくる絵をこうして描いてみたり。

↑またまたコーヒー好きで好きをカタチにしている友人のイラストを勝手に描いたり(笑)←勝手に、が多いですね(笑)

↑このイラストとかはTwitterのヘッダーを描きますよー!を声をかけたところ「ぜひ!」と僕に頼んでくれた方へ描いたものです。

まさにTwitterを始めて普段からやり取りをしていた方で、その方を「野菜でイメージするならナス!だからナスをモチーフにして」描いたイラストです。

↑この方も同じく。お住まいが埼玉の方だったので僕の記憶では「埼玉はブロッコリーの産地だから」という理由でブロッコリーと組み合わせたイラストを。

↑これは同じ野菜農家の友人に。

全部自信作だけど、このイラストを描き終わって自分の頭で思い描いていた絵と実際に描いた絵がバッチリ合ったんです。

回数を重ねることでそういう感覚になってきているのか、この時の感覚が自分の中ではめちゃくちゃ嬉しかったです。

「僕に託してくれてありがとう。」そんな気持ちですよね。

自分を表現することの大切さ

↑野菜農家である僕の主な販売先は地元スーパーの直売所です。

農家さんそれぞれこだわりを持って生産、出荷されていてみなさんの野菜はどれも自信作。

そんな中でいかにしたら「僕の野菜」を選んで頂けるのか。それは「僕」を選んでもらう他ないな、って。

そんな想い、考えから直売所に置くポップも自分で作り、野菜のすぐ近くに置いています。

実際、このポップを見てくれてTwitterで検索、フォローして頂いた地元のお客様もみえます。

あの時は震える程嬉しかった。自分が取り組んでいることがちゃんと「伝わって」いるんだなーって。

それが「自分を表現する」ことなんだな、と。

遂にグッズ化までしだす僕…↑もともと作業中は帽子をかぶっているので、いっそここにもこだわろう!みたいな比較的軽いノリでやってみました。

この写真のキャラクターはその名も「茄子健クン」。

いわば僕の分身です。このイラストだってなんごとなしに描き描きし始めて気付いたら出来てた!そんな感じです。

感覚の話ばっかり多くてなんだかすみません。笑

↑わりと評判良いんですよ。

茄子健クンのグッズを身につけると優しい気持ちになれるとかなれないとか(←なれやんのかいw)。

↑頭1つしかないのに帽子の所持数は10個を超えました。

しっかりと本業で更なる結果を残していかないといけません!気合い入ります!!オス!

上手い下手なんてホント関係ない!!

何かに理由をつけて自分の可能性を閉ざしているのは自分自身です。

自らカタチにしていくことで大切な「過程」を自分自身が1番近くで見れて、感じてます。そこが大切だと。

自分が手掛けたものを自ら身にまとうってめっちゃカッコいいですもん。

それが自信につながって次へのエネルギーになると思うんです。

だから、まずやってみましょう。自分の頭の中だけにしまわずに外に出してあげましょう。

僕が昨年10月からTwitterを始めて周りの方たちと接することで感じてきた事です。僕に出来てるんだからあなたにだって出来る。

↑「何をハウスの中でやっとんねん!」そんなツッコミを自分自身でしたくなる写真(笑)

「自らを解き放て」

以上、今回のブログはナスケン自身が好きを通して感じてきた事を文字にしてみました。

写真がいつも以上に多めで見にくかった方、見やすかった方両方いてると思います。

そんな感情1つとっても、僕のために貴重な時間を使って下さってありがとうございます。

これからも宜しくお願いします。ナスケンのTwitterはこちらからどうぞ

「好きこそものの上手なれ」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする