「へんば餅」と「赤福餅」の関係から野菜農家の僕が伝えたい事

みなさん、こんにちは。

三重県四日市市にてナス、コマツナを栽培している野菜農家のナスケンと申します。

今回は「三重県に来たら是非とも食べて頂きたい」全国的には全く知られていないけど三重を代表する銘菓「へんば餅」について書きます。

赤福餅の存在

もうみなさんご存知ですよね?

全国的にもかなり有名な三重県は伊勢を代表する「赤福餅」。駅前やデパート、高速道路のSAなんかにもよく販売しているのを見かけます。

こし餡に包まれた中にはお餅が入っていて専用のヘラで食べます。

僕も幼少期から食べ慣れていて家族の誰かや、ご近所さんがお伊勢さんにお参りに行くと必ず買ってきてくれてそれを兄弟で奪い合う、ということをよくしていました(笑)

夏場は「赤福氷」なるものもあってオールシーズン食べることが出来て身近な存在です。

↑赤福のホームページにはこんな写真で紹介されています。

夏季限定になるので詳しくは赤福のサイトをご覧あれ。こちらからどうぞ

へんば餅とはなんぞや?

まずは写真からどうぞ。

こちらがへんば餅です。

丸型の平べったいお餅で、両面に焼き目がついているお餅。

中はと言うと、こし餡が入っています。

餡子がぎっしり!!というよりはお餅とのバランスを考えてなのか程よい量の餡子が入っています。

へんば餅の歴史

僕も三重県に住んでいながらへんば餅の存在は最近まで知りませんでした。

たまたま家族が買ってきてくれて食べる機会があり、そこからへんば餅ファンに。

そこでまた気になるのがこのへんば餅の歴史や由来。

今を去る二百余年前、安永四年(一七七五年)に伊勢参宮街道 宮川のほとりに茶店を設け、餅を商い初めました。

当時、馬を借りて参宮する人達がこの店に憩われ、ここから馬を返し船で皮を渡り参宮されたため何時しかへんば【返馬】餅と名づけられ今日に及びました。

美味とは申せませんが不在ある田舎の名物としてご賞味願い上げます。

へんばや 主人敬白

名物 へんば餅 パンフレット

なるほど。

馬を返したから【へんば、返馬】。だから「へんば餅」なるほど。

しかも美味とは申せない」ってめっちゃ控えめ。

そのわりには餡子は甘めだったけどな…(笑)

忘れちゃいけない!生地には米粉を使用。

めちゃくちゃモチモチしているんです、餅だけに。

なんと米粉を使った生地とのこと。そりゃこれだけモチモチするはずだ、餅だけに(笑)

モチモチな生地に甘めな餡子。んー渋いお茶が欲しいなーっと思っていたら宮川店ではお茶が無料で頂けるとのことでした(セルフでね)。

また合うんだよな、これが。

ほうじ茶とかも合うかもしれませんね。

三重県は静岡、鹿児島に次ぐお茶の産地。まさにお茶に合う銘菓ですね。

僕が行ったのは宮川店

へんば餅は赤福餅と違って販売店舗がかなり限られ伊勢市内3店舗、伊勢市駅前に1店舗の計4店舗があるみたいです。

僕は今回宮川店に行きました。宮川店は店舗の中では1番駐車スペースが広くて約20台ほどのスペースがあって、大型バスも駐車出来るようになっています。

車で行かれた方はオススメですよ。

店舗案内はこちらから確認出来ますので是非ー。

南勢バイパス沿いにありこの看板が目印です。

ご覧の通り行った時に怪しい雲行きでお店に入った途端雷雨を伴う土砂降りでした。

おかげでゆっくりと食べる事は出来ましたし、そんな天気にも関わらずお客さんは来店されてみえて客足が途絶える事はなかったです。

宮川店は昨年にオープンした、ということもあってめちゃくちゃ綺麗です。

↑こういった腰を掛けるところもあり、ドライブの休憩がてら立ち寄る、というのも良さそうですよね。

↑価格表はこちら。僕はこの日10個入りを2つ購入しました。高すぎず庶民的な価格かな、と思います。笑

購入にあたり注意したい点

↑へんば餅は「賞味期限が翌日」なんです!!

僕が購入した日は8/28でしたので、翌日8/29が賞味期限になります。

今考えればこの短さが美味しさ、食感だったり、販売している店舗が限られている所以なのかもしれません。

もし購入される方見えました帰り道に購入されることをオススメします。

とにかく「へんば餅」を知って欲しい!

僕もへんば餅を知ったのは最近です。

そんな僕がなんでここまで説明したりなんならブログを書いたりするか、って単純に知って欲しい!からです。実は前日にTwitterでアンケートをしてみたんです。

比較の対象を間違えたかな?とも思いましたがほとんどの方が「お伊勢さんと言えば『赤福餅』!!」をイメージされるようです。

みんなが右だと言えば左に行きたくなる僕としてはこのアンケート結果を見て興奮しました(笑)

そしてみなさん「へんば餅を知らない」という方ばかりで。

もう単純にこれは知らないだけで知る機会もないだけなのかも?だったら僕が食レポをしよう。

1人でも多くの方に知ってもらえる事がへんば餅の、しいては赤福餅の、伊勢市や三重県のためになるんじゃね?みたいなノリです。

最後に

「普通」ってなんなんでしょうね。

「お伊勢さんと言えば普通は赤福餅だよねー」の普通ってなんなんでしょうね。

普通=常識、みたいなもんでしょうか?

これだけ時代が目まぐるしく変わる中で「普通」ばかり見ていてはついていけないと考えます。

もちろん理解した上でそれらを選択するのは素敵だ思います。

だからこそ普通ばかりに目を奪われないでたまには冒険してみるのもよくないですか?

僕は今回のブログで、

「普通を疑え」

ということを伝えたい、と思い書きました。知らぬ間に植えついているこの感情を疑って、違う視点から見ることによって新たな発見があるかもしれない。

そんな事があなたに伝わったならもう僕は満足であります。笑

今回のブログはいつになく写真を挿れてみましたがいかがでしたでしょうか?

少しでもこのブログや僕の日々の発信があなたのキッカケになったなら嬉しいです。

そんな僕もあなたに、みなさんにキッカケを頂いています。

いつもありがとうございます。それではまた次回に。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする