#しなやかフェス2018秋で#ナスケンピアノチャレンジに挑んだ野菜農家の僕が感じた怒り

今までの僕ならこのような感情には蓋をしてしまいこんでいました。だけど、今回は違います。#しなやかフェス2018秋に参加して#ナスケンピアノチャレンジに挑んだ僕が感じた怒りとは何なのか。心が狭い僕には到底許せない事でした。不快にさせてごめんなさい。

「旬の野菜」を大切にしたい三重県は四日市市の野菜農家がオススメするブロッコリーの調理・保管方法

昨年まで僕はブロッコリーとカリフラワーを栽培していました。それは栽培を通して僕自身が「野菜の旬」を感じたいから。ものが溢れかえって便利な時代だからこそ、野菜がもっとも美味しく感じれる季節はいつなのか。そんなこんなを書いたブログです。

【三重県 四日市】野菜農家の取り組んでいる食育授業が「伝わっている」ことを肌で感じたその瞬間

「#ナスケン小学校PR作戦」に取り組み始めて半年ほどか。少しずつではあるけど市内の小学校へ行く予定が立ってきました。そんな中「#大阪のオカン」ことひらるみがビシバシ訴えてくる内容のブログを書いてくれて本当に嬉しかった。そこから感じた事を書いたブログです。

【根拠のない自信を持つ】何度でも女神様は微笑む。だからこそ野菜農家として挑戦だ!

10/8(月・祝)に三重県四日市市で開催される「#しなやかフェス2018秋」にて私ナスケンはピアノチャレンジに挑みます。しかも両手で。ついこの前まで触ったことくらいしかなかった僕が挑むこの挑戦には女神様の力が必要。そんな女神様を紹介するブログです。笑

四日市に生まれて32年の野菜農家が通算3回目の四日市名物「四日市トンテキ」を食べて感じた気付きと素材の組み合わせの大切さ

四日市名物「四日市トンテキ」僕は四日市に生まれて32年。数回しか食べたことはありませんでした。そもそも豚肉とニンニクキャベツの組み合わせは何か意味があるのかな?そんな認識程度。そこで友人のすみへいクンと共にトンテキを食べました!というブログです(笑)

三重県四日市市の野菜農家が野菜そのものを持って小学校へ野菜の食育授業へ行き、生徒のみんなやその先のご家族みなさんに伝えたいこと。

今回のブログは「#ナスケン小学校PR作戦」でTシャツを購入して活動支援をして頂いた方の画像を多めに使わせて頂きました。全ての方を載せれた訳ではありませんが、僕はみなさんに支えられて食育などの取り組みをさせて頂いています。お礼と決意のブログです。

【牛乳大好き】三重県は四日市市の野菜農家がおススメしたいカルシウムを効率良く摂取出来る牛乳は「低温殺菌牛乳」なワケ

普段何気に飲んでいた牛乳。だけど、その飲む理由を改めて考えた時、農業で勉強してきたミネラルのこととリンクした部分がありました。毎日口にするものだからほんの少しキッカケや知識が身につくだけで大きい変化をもたらすかもしれません。そんなブログです。

世間体を気にする親に対する憎さから学んだ野菜農家である僕の家族観

親の視線を感じながら敷かれたレールの上を落ちないように歩んできた小学校〜高校生。世間体ばかりを気にする親に反抗するようになり高校を退学。それから長く、暗いトンネルの中を彷徨う中で見えた光。違うことこそ個性であり特徴。僕は伝えるためにこれからも突き抜ける。