【赤こまつな 小松菜 簡単 ポタージュ】三重県四日市市の野菜農家がオススメする料理レシピ

みなさん、おはこんにちばんは。

三重県北部に位置する県内最多の人口を誇る四日市市は上海老町という町で野菜農家をしています、ナスケンと申します。

→ナスケンの日々の発信をご覧いただけるTwitterはこちらから

今回のブログは「赤小松菜(あかこまつな)」という野菜を使ったレシピをご紹介したいと思います↓

今回のレシピ紹介

『赤こまつなのポタージュ』

【用意する材料】

  • 赤こまつな(小松菜でも代用可能) 1袋(約200g)
  • じゃがいも 小1個
  • 牛乳 適量
  • 塩 少々
  • バター 少し

[ポイント]牛乳の適量というのは少しずつ入れていき、お好みのなめらかさで食べていただけたら、と思います。

せっかくなので赤こまつなで料理してもらいたのですが今が旬の「小松菜」でも代用できるかと思います。

料理手順

①じゃがいもを少量の水で茹でる。

②茹で上がったらその上にお好みのサイズに切った赤こまつなを入れて、さらに茹でる。

③ミキサーでペースト状にする。

【離乳食に使うならここでストップ!】

この③番までの作り方だと「離乳食」にもピッタリなんです。

離乳食だけを別に作るのは意外に(いや当たり前に)大変です。

ですのでこの段階で離乳食用に別で保管しておけばお子さんと一緒の料理が食べれますよね。

じゃがいものデンプン質でとろみが生まれて、お子さんもスムーズに食べれますし、ミキサーにかけているのでかなり手間も省けますよね。

離乳食用に少し取り置きしたら次の手順へ行きましょう。

④鍋に戻して牛乳でのばす。

⑤最後に味付けで、塩・バターで味を整える。…という具合で完成です(笑) 

このレシピから考える栄養素

【赤こまつな】

ほとんどスーパーなどで見る機会は無いと思います。それくらい珍しい野菜。

「赤」というより「紫」に近い色合い。

つまりこの色ってみなさんもご存知「アントシアニン系の色素」なんですね。

アントシアニンとはポリフェノールの一種で他にぶどうや赤じそ、茄子なんかにも含まれている成分です。

抗酸化作用があり、目の機能を向上させて、血圧の上昇を抑制したり「活性酸素」を抑制する働きも。

生活習慣病の1つ、「動脈硬化」を予防する効果もあるとされています。

簡単に言えば人間は酸素を吸って呼吸をしています。これは生きるためには必ず必要ですよね。

酸素を吸う、つまり酸化している訳でもあります。いわゆる「老化」にあたるのでしょうか。

そして体内からも老化します。その根源とされているのが「活性酸素」です。

その活性酸素の生成を抑制してくれる働きがあるんですね。いやはや凄い成分なんです。

そんな栄養素を含んでいる「赤こまつな」にじゃがいもがプラス!

【じゃがいも】

凄く身近な野菜の1つだと思います(常に野菜室にあるイメージ)。

じゃがいもの主成分はデンプンでかなりの低カロリー。

そして加熱に強い(加熱調理しても流れでにくい)「ビタミンC」は果物並みに多く含んでいます。

カリウムや食物繊維も豊富。

そんな2つの野菜を組み合わせたのが今回のレシピなんですね。

今回のレシピ提供者は

三重県は伊賀市在住のアスパラ&椎茸農家の「瑞雲ファーム」代表の中井奈緒美ちゃんことロンリーです。

ロンリーはもともと農家じゃありませんでした。

義理のお父さんがされていたアスパラ農園を継いだのです。

その当時ロンリーは主婦。そんなロンリーが何故農家になったのか。是非とも読んで欲しいロンリーが書いてくれたブログがあります。

→「アスパラ農家を継ぐまで」のブログを是非お読みください。

ロンリーの特徴は「髪型」!そしてその強い「信念」!

ロンリー自身、農業はかつて「汚い、ダサい、時間がない、稼げない」と思っていたと。

けど農家を継いだ日から「それ、絶対イヤだ」と。

『カッコいい農家になりたい』『農家にみえない農家になりたい』と。

この想いは継いだ日から1ミリもブレていないと。(カッコ良すぎ)

この髪型見てたら農家とは思わないし、なんならめちゃんこカッコいい訳であります。

普段、農作業上からか髪をくくりあげている写真が多いロンリーですが、髪をおろすと妖艶な雰囲気さえ感じれます。

街中で会ったらまず「アスパラ&椎茸農家」だとは思わないでしょう。

こんな感じでつらつらと書いていくと僕が好みの女性を書いていくブログになってしまうので(笑)ここいらでロンリーの紹介を終わろうと思います。

→ロンリーの日常の発信がご覧いただけるTwitterはこちらから

→ロンリーのInstagramも是非ご覧ください 

過去のレシピ企画のブログはこちらから

【水菜 お手軽 料理】三重県四日市市の野菜農家がオススメする料理レシピ 

【ミニチンゲンサイ ポタージュおすすめ料理】三重県四日市市の野菜農家が伝えたいビタミンたっぷりレシピ 

まとめ

ロンリーの夢は「農村カフェをひらくこと」そう言っていました。

今回ロンリーからのレシピ提供を受けてメールでのやり取りをしていましたが、本当に丁寧に1つ1つの野菜を大切に料理してくれているんだな、という思いが伝わりました。

同じ農家としてももちろん、女性としても人としても尊敬できる方です。

そんな方に料理してもらったレシピを1人でも多くの方に知ってもらい、参考にしていただけたら野菜を提供した僕も嬉しいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする