#しなやかフェス2018秋 で僕がピアノに挑戦する理由

みなさんこんにちは。

三重県四日市市は上海老町で野菜農家をしています堀田健一ことナスケンと申します。

来月10月8日(月曜日・祝)に開催される「#しなやかフェス2018秋」にてチャレンジ企画として僕がピアノに挑戦することとなりました。

今回のブログでは何故ピアノに挑戦するのか?をブログに書こうと思います。

いつも長ったらしいブログになるので簡潔明瞭を目指して書きます。どうぞ宜しくお願いします。

テーマは「挑戦」!!!

 2018年10月8日開催されるきゅうりの収穫祭。主催者は阿部俊樹ことしなやん。

その名も「#しなやかフェス2018秋」。

今年の3月にあった#しなやかフェス2018春に僕は初めて参加してみて、その雰囲気であったり、なによりその「あたたかさ」を肌で感じて凄く感動したのを今でも鮮明に覚えています。

僕はよくしなやかファームへ行きます。

しなやんとは農業の話や、家族のこと、SNSでの発信のやり方、これからの僕たちの地域での在り方。

たわいもない会話から真剣な話までとにかく話し出したらお互いに止まらずに毎回必ずといっていい程真っ暗になるまで話しています(笑)

アツいんですね、2人とも。

運命の日、2017年の12月もそんな感じの流れで話をしていた思う(ウル覚えw)。

「しなやん、僕ピアノ弾きたいねや」

と。しなやんは挑戦することを全力で応援してくれます。

だから僕がしなやんに「ピアノの弾きたい」と言った時点で僕は「しなやんに言えば応援してくれる」と思っていました。

背中を押して欲しかったんですよね、ようは。

そしたら色々理由を聞かれて答えていたら…

「じゃあ3月にやるしなやかフェスで家族に向けて披露しよう!」

と。相変わらず期待を越えて協力してくれる頼もしい存在ですわ、しなやんは(笑)

ただ、この時は段取り諸々上手くいかず断念。。。

情熱は常に燃やし続けていた…

挑戦を決意するも、段取りの関係で挑戦出来ず…

忙しい農作業に日々追われて段々とその情熱が薄れかけてた時期もあったけど、消えることは無かった。

言い訳出来る要素はたくさんある。あった。

だけど今回は違いました。今思えば、だけど、よほどやりたかったのかな(笑)

そもそも、何故ピアノ??

ピアノ挑戦しようと思った理由は…

「ピアノは触ったことがあるくらいで全くやったことない」

「ピアノ弾けたらめっちゃカッコいいやん=モテる」

「出来ないことに挑戦してその姿を見せることで家族への感謝気持ちが伝えれる」

…から。32歳になってというか年々「挑戦する」ことも機会も減ってきているのは間違いない。

だからこそ「挑戦」そのものに意味があるんだと!

そんな事を考えていての「ピアノ」なんです。

「ヒゲ生やした」「農家」が「触ったことあるくらいのピアノ」を弾いたら凄いなぁって。

そんな感じです、はい(笑)

そして前回のしなやかフェス2018春で感じた「あたたかい」空気の中で挑戦出来たらこれまた最高だなぁ、って。

満を持して、いざ挑戦!!

しなやんやしなやんと共にこのしなやかフェス全体を企画、提案、運営動かしてくれているわいざん、そしてしなやかフェス2018秋の実行チームに参加して頂いているメンバーみなさんおかげで有難いことに挑戦させて頂く機会を頂きました。詳しくはコチラをチェーック。

「ピアノn挑戦したい!」という想いをしなやかフェス2018秋の実行チームのグループに投稿しました。画像と共に思い返してみます。↓

しなやんがこういう内容で実行メンバーのみなさんに聞いてくれています。

みなさんの反応がどうなのか、おそるおそる待っていると…

ホントあたたかいみなさん…

↑おーえむにきゅうちゃん、投稿してすぐ反応してくれて、ホント心強かったなぁ。

8 

↑カノーん!からのお褒めの言葉。家族想いのカノーん!のコメントは染みたなぁ。

↑フローレンはホントいつも丁寧。しかも「泣く」だなんて。せめて演奏中は堪えてね(笑)

↑とにかみなさんがあたたかい。みんなそれぞ盛り上がってくれていて嬉しかったなぁ。

↑そんなメロディは奏でれないよ…(笑)

↑みんな「泣く宣言」早くないですか?まだクオリティの低さったらありゃしない(笑)

↑僕こそみなさんが見てる前で挑戦できるのが幸せ。スターからの指導はお断りします!!!

すぐさま、本当にたくさんの実行メンバーが反応してくれて、応援してくれました。

有難い。本当に有難い。

このしなやかフェス2018秋に携わってくれているみなさんに感謝感謝です。

ありがとうございます。

そして、実際どこまで出来るか分かりません。完成度で言えばかなり低いかもしれません。

そもそも奥さんや子供たちは現時点で参加の予定はありません(誰かライブ配信してくださいー)。

それでも挑戦したい。

みなさんの前で弾きたい。

そうすることで家族の、ひょっとしたらそれ以外の、「挑戦しよう」としている人の力になれるかもしれない。

それらの想いが僕を突き動かしています。

正式に#しなやかフェス2018秋のチャレンジ企画として発表されたので明日からTwitterにて「#ナスケンピアノチャレンジ」でツイートしていきます。

しかも「弾けなかったら次回のしなやかフェス参加不可」というとてつもない条件付き。

…ただリスクを背負ってでも挑戦したい!

この機会が次いつあるのか、そもそも機会すらないかもしれない。

だったらやってやる!!そんな想いです。

今まで野球も、高校も、何かやろうとしても中途半端に投げ出して中途半端に終わってきた。

そんな僕だからこそこの挑戦を通して自分の可能性を信じたい。自分の想いを解き放ちたい。

どうかみなさん、見ていて欲しいです。宜しくお願いします。

最後に…

挑戦する人が凄いんだ!と思いがちですが、僕がこの挑戦を決意出来たのはそれを受け止めてくれるみなさんがいるからこそ。

一方的な挑戦なんて僕は意味無いと思います。

みなさんがいてくれるから、見ててくれるからこその「挑戦」なんです。

なんだかんだまた長文になってしまいましたが最後までお読みいただきありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする