【四日市の野菜農家の決意】僕は受信者になると決めた出会いと感謝

みなさん、おはこんにちばんは。

三重県の、ゆるキャラグランプリ3位の「こにゅうどうくん」がいる街、四日市市は上海老町で野菜農家をしています、ナスケンと申します。

→ナスケンの日々の発信を見ることのできるTwitterはこちらから

今日は朝に少し野菜たちの見回りをして、お隣は滋賀県彦根市で開催される「#イトーさんぽ」というイベントに友人のすみへいと参加してきました。

そしてそこにはたくさんの出会いと、大きな気付きがあったので今日のうちにブログにその心境を書き留めておこう!

…そんなブログになります。

イベントの詳細などの振り返りは主催者であるイトーちゃんを始めとする他の方々にお任せしてw(他力本願)

→イトーちゃんのTwitterはこちらから

→すみへいのTwitterはこちらから

発信することの大切さ

この写真は今日(もう日付変わってるから昨日か)集まったみなさんとの1枚。

この写真に写っている方たちはみなさんTwitterを始めとするSNSをされていて面識のある方たち。

何回もお会いしたことがある方や、よくSNSではやり取りするけど今回初めてお会いする方も。

ただみなさんに共通しているのは普段からの発信を見ていて少なからずその方がどんな想いを持って日々に向き合っているかを知っているということ。

ここで勘違いしないで欲しいのは、SNSが全てではなくてごくごく一部だということ。

だけど、そんな一部でも発信を見ているから会う前から凄く親近感が湧いて、ワクワク、ドキドキな時間でした。

そんな中でリアルにお会いできて「SNSでの印象のままだな」とか「ちょっとイメージしてたんと違うな」とか感じたり。

やっぱりリアルで会うって大切だなぁ、と思ったわけで。

ただ、これも普段から少なからずみなさんが自分の思いを発信してくいれたり、やり取りでのコミニュケーションがあったからこそ抱いた感情であったわけで。

これが何も発信していない人との初対面だとなかなか最初の会話にすらなるまでにかなりの時間を要するわけです。

そう考えるとSNSって使い方次第で、ですが、めちゃんこ楽しくないですか?

僕は今回の件でより一層好きだし、楽しもう!って思いました。

#ゴキゲンライブを初めて聞いて

#ゴキゲンライブとは上の写真の藤田さんが言う#ゴキゲン思考を聞ける非常に有意義な時間。

最初の藤田さんの策略?!wとも言える涙でグイッと世界に引き込まれていきました。

藤田さんとお会いするのは3回目、かな?

だけどお話を聞くのは初めて。普段の藤田さんの発信はTwitterやブログなどで見ているので少なからず知ってはいるもののソワソワしつつ、ワクワクを感じていざスタート!

っていきなり最後のテロップ。

僕は今回の藤田さんのお話を聞いて、最後に出てきたこの言葉に確固たる想いを感じました。

#ゴキゲンライブの内容はきっと藤田さんが「ヴログ」にしてくれると思います。

だから詳細はそのブログを見てください。というか藤田さんの普段の発信を見てみてください。

→藤田さんのTwitterはこちらから

「どこか無理して、着飾ろうとしていませんか?」

「アイツは出来るのに自分には出来ない。」

「俺だって一生懸命やっているのになんで分かってくれないんだよ」

そうやって抱いている感情を押し殺す必要はなんだなぁ。ってお話を聞いて感じました。

そういった感情の自分と上手に付き合っていく。まさにそんな#ゴキゲン思考を感じ取れた#ゴキゲンライブセミナーでした。

簡単ではありますが、藤田さんの話を、藤田さんの言葉で聞けてより「ゴキゲン」です。

より意識しようと思った「受信する大切さ」

彦根城を散歩する「#イトーさんぽ」での1枚。

いくらTwitterでやり取りはあるとは言えど、リアルにお会いするときはやっぱり緊張するもの。

僕も緊張はやっぱりします(笑)この緊張する時間が大切でもあるんだろうけど。

で、散策しながら考えてたんですね。

「んーどうしたらもっと歩み寄れるかな?」とか。

そんなときに「対概念」という言葉を思い出したんです。

以前に聞いたことがあるお話の中に「日本ではリーダーシップ論がよく語られるが、フォロワーシップについては全く語られない」という話を聞いたことがあります。

以前の僕って、初めてお会いする方には「自分を知ってもらいたい」がためにやたらと自分の話ばかりをひたすらしていたなぁ、と。

今でもそうかもしれませんが…汗

ひたすら自分の売り込みをして、自分だけ気分良くなって…って僕だけよけりゃいいのかよ!って突っ込みたくなります。

いやいや、そんなのダメじゃん!

「応援して欲しい」という想いは常に持っています。

ですがそれと同じ、もしくはそれ以上に「応援したい」「応援しています」という想いが僕には足りてなかったんじゃないか。

そんなことを散歩しながら考えていたわけで。

「野菜であなたの胃袋応援します」

という想いで野菜の栽培や日々の発信に向き合ってきましたが、

「あなたの頑張る胃袋を野菜で応援したい」

という想いのほうが僕には必要なのかもしれません。

野菜農家の僕が作る野菜で…とか言うよりも、「頑張るその瞬間を野菜で応援したい」そんな気持ちです。

だからこそ、まずはみなさんが普段どんなことをやっていて、どんなことに一生懸命で、とかそこを受信していきたいなぁ、って。

もちろん、全ての人を満たす事なんて出来ないです。そこは自分に素直に正直にいきます。

だからこそ、今回のようなイベントに僕自身が可能な限り参加して、参加される方の発信を見て、応援していきたいなぁ、と。

そもそも僕は野球をしていて、ポジションは捕手でした。

投手がボールを投げて、受けるところから野球は始まります。僕は「受け取る」ことが使命なのかもしれません。

何か共有の話題について発信している人がいたら受信してみよう!

そんな気付きを今回の「#イトーさんぽ」「#ゴキゲンライブセミナー」「#DJイトーさん」に参加してみて感じたことです。

↑彦根城をバックにパシャり。手中におさめるつもりが何故か指一本。何やってんだよ、オレ。

最後に

今回、このイベントを立ち上げてくれたのは↑この写真に写っている「イトーちゃん」です。

「彦根をみんなの待ち合わせ場所にしたい」

という、ただでさえイケメンなイトーちゃんがよりイケメンになるんじゃないか、という想いを持ってこのイベントを開催してくれました。

実際にTwitterではやりとりあるけど、まだお会いできてない方ちたと会うことが出来ました。

それは紛れもなく「彦根が待ち合わせ場所になったから」です。

そして、彦根城を散策したり、みんなでワイワイしながら昼食をとっている中でふいにイトーちゃんに話しかけてみたりして面と向かってイトーちゃんの考えや意見が聞けるのはやっぱり大きかった。

どれだけSNSが便利になっていく今の時代でも、やっぱりリアルが1番。

僕が野菜の授業を小学校にしに行く食育の授業をする際にも大切にしている

「触れて、匂いをかいで、感じて欲しい」

という想い。

これって何も食育の授業だけじゃなくて、リアルな大人同士でも言えることだなって。

やっぱリアルはいい。

こうやってブログに書きながら想像を膨らませ、想いを馳せながら書くことができる。

まさに「ゴキゲン」なわけだな。

イトーちゃん、本当にありがとうございました。限られた時間の中で、それでもなお輝きを放つその発信力であり受信力。

そんなイトーちゃんが持つ優しさに思う存分触れられた1日でした。

そして…「#DJイトーさん」としてイトーちゃんとともにライブを盛り上げてくれたこのお二人にも感謝。

↓写真左側が「わいざん」。写真右側が「くっすん」このコンビ。この2人にしか出せない空気感がたまらなくいいわけで(笑)

最後に…って言いながら振り返るとワクワクすることんばかりで文章がとにかくまとまらない(汗)

とにかく「このイベントに参加してより自分が感化されバージョンアップできた」ということと、「発信力ももちろん大切。それ以上に受信力も大切」だと。

「全ては未来の『ゴキゲン』のためにあるということ」

初めての方も、2回目ましての方も、何回目ましての方も、本当にありがとうごいざいました。

相変わらずの文章のまとまりのなさですが、これが昨日、1日を終えての僕が感じた想いのブログになります。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。それではまた。ゴキゲンよう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする